JFSCP
トップページへお問い合わせ情報交換
キシリトール基礎講座 キシリトールの最新情報 予防歯科海外研修 予防歯科講演 会員活動 JFSCPについて リンク
予防歯科海外研修


次回開催決定

第2回歯科衛生士研修レポート

第4回研修レポート

第6回研修レポート

第12回研修レポート 医院ホームページでのレポート
第12回 IIPD国際予防歯科研究所 う蝕予防海外研修(2008/11/30-2008/12/7)
参加者レポート:IIPD研修を終えて
歯科衛生士 北山 広子

今回、IIPD研修に参加するのは、3年ぶり3回目でした。3年前の同じ冬の研修の時は、氷点下の世界で、湖は凍り、空気も凍り、空気がキラキラしていましたが、今回同じ時期にもかかわらず、氷点下になることはなく、雨という天候でした。ここフィンランドでも温暖化が進んでいるようでした。そのような中行われたIIPD研修ですが、今回もまた、期待以上の講義の内容でした。

IIPD研修に参加したことがない方からは、3回も参加して、同じ内容をまた聞きに行くのではないの?とよく問われますが、それがIIPD研修のすばらしいところで、毎回毎回、新たな学びができるので、リピーターになってしまうのです。それは、他の研修と違っているところで、この研修の魅力でもあると思います。

実際に講義を受け、改めて、予防の重要性を痛感しました。又、今回は、講義のほかに大学の実習風景、保健センター、保育園、一般家庭、歯科診療所と見学先がバラエティに富んでいて、色々な角度から歯科という分野を見ることができ、日本との違いを強く感じ、どのような形でどのような診療をしたらよいか、できるのか、より深く考えさせられました。
この研修中、多くの先生方とお話をする機会があり、話を重ねていくにつれ、私にも何かできるかもしれないという自信がつきました。
オバマ大統領のように、「We can change」と叫びたい!?気持ちでいっぱいになりました。

画像説明1:口腔の発育と不正咬合予防、おしゃぶりの功罪についての講義をされたユハ・バレラ先生との一枚。 画像説明2:トゥルク大学歯学部ランチルームで、サラ・カリヤライネン先生と一緒に。
口腔の発育と不正咬合予防、おしゃぶりの功罪についての講義をされたユハ・バレラ先生との一枚。 トゥルク大学歯学部ランチルームで、サラ・カリヤライネン先生と一緒に。
Copyright